マイク・ラインケーブル 10m【高解像度・高密度】NUDE CABLE® 7182 Type-R XLR 10m

通常価格 ¥12,320
/
税込
・こちらの価格には消費税が含まれています。
・送料は別途発生いたします。詳細はこちら
・¥ 5,500(税込)以上のご注文で国内送料が無料になります。
・お支払い確定後、1~7営業日以内に出荷の予定です。

4のみ在庫あり!

部屋の空気感をも収音する、圧倒的な高解像度のプロオーディオ仕様

  • テレビ・ラジオ番組用のレコーディングや大型のライブハウス、演劇ホールなど、プロの環境に合わせてデザインした、10m仕様

  • 長い距離を引き回した際の劣化を最小限に留める為、ジャック内部の研磨やハンダ接合技術を7182 Type-Rの為に再デザイン。ケーブル自体の長さを感じない音像でレコーディングすることが出来ます。またホールでの音楽や演劇の公演、スポーツ中継での収音にも実際に使用され、大きな効果を発揮しています。

  • 線材にTPS 7182 by タツタ立井電線、XLRジャックにNEUTRIK製 NC3 FXX / MXXを採用することで、高音質と耐久性を両立

  • 伝送ロスを減少させる為、ジャック内の全ての接点接合部を手作業で研磨

  • 音声信号の輪郭を維持しつつ、エフェクト的な響きが出ないよう、ハンダ材を再厳選。ハンダ使用量の誤差による音質変化を避けるため、一定のグラム数に統一

  • 低音域を中心とした抜群の位相感の鍵を握るNUDE CABLEのオリジナル技術「スタビライザー」を搭載

 

長距離での劣化を抑えた10〜15m仕様

この10m仕様は、レコーディング及び放送技術者の皆様からのアイデアをベースに、業務レベルのレコーディング環境に合わせてデザインしました。

10m超になるとインピーダンスが増加してしまい、短いケーブルに比べると密度が薄くなりハイ&ローエンドが下がってしまう問題を、ハンダ付けを含めた組み込み時のチューニングを変えることで解決しました。

低域側の輪郭が甘くなってしまう問題も、既にNUDE CABLE各製品で実績のあるスタビライザーを、このType-Rモデル専用に再チューニングしてオス側に搭載する事で解決しております。

50Hz以下のゲインを下げても、サウンドの質はほぼ変わりません。
100Hz辺りの密度、200Hz近辺のパンチ感、1Khz辺りの距離感、2~5Khzの空気感など、様々な帯域でのEQの効きも、美味しいところだけ効いてくるヘッドルームを有しております。

「800Hzを触ることに、いつも悩んでしまう。。。」
「密度が欲しくてコンプをいれると、音が平面的になってしまう」
とお悩みの方は、ぜひ導入をご検討ください。


あらゆるイコライジングを受け入れる、濃密な情報量

この「7182 Type-R」の特徴のひとつとして、80Hz以下の暗騒音の少なさが挙げられます。 従来のマイク・ラインケーブルで発生しがちな、80Hz以下で伝送タイミングのズレから発生するハーモニクスは、500~800Hzや8Khz以下の帯域などに歪みなどの悪影響を及ぼします。
低域の暗騒音をタイトに抑制することで、過剰なコンプ処理に頼ることなく、濃密な情報量のサウンドを伝えます。

  

 

specification

length – 10M
color – BLACK
XLR plugs -NEUTRUK NC3 FXX / NC3 MXXX
hand soldered

 

【納期について】
一本ずつクラフトマンがハンドメイドで組み立てる為、お時間を頂いております。
現在の納期はご決済確定後、約7営業日前後の発送となります。
お待たせしてしまい、大変申し訳ございません。

 

 


 

部屋の空気感をも収音する、圧倒的な高解像度のプロオーディオ仕様

ADコンバーターの高性能化や96Khzのハイサンプリングレート処理が増えてきた現在、私たちはオーディオケーブルの在り方を見つめ直し、開発を継続して参りました。
今まで当たり前だと思っていたケーブルのサウンドが、実は全くフラットではなく、微細な信号のダブりと共に発生する50Hz以下の暗騒音の存在と、300Hzより下が薄かったことにお気付きのエンジニアの方もいらっしゃると思います。

我々が開発に関わった「TPS 7182 by TATSUTA-TACHII」を使用したこのモデル「7182 Type-R 」は、使い勝手を犠牲にすることなく、前述の問題を非常に高い次元でクリアしました。

  • 広大なダイナミックレンジがもたらす低歪サウンド。
  • 50Hz以下の暗騒音をコントロールする事で、全帯域の位相干渉を低減。
  • 3m以下、5m以下、10m以上と、長さ違いによる誤差を減少させる加工技術


いわゆる一般的に言われているフラットなバランス感とは異なりますが、その圧倒的にナチュラルなサウンドは高い評価を頂き、おかげさまで多くのレコーディング、MA、放送の現場に続々と導入されております。


このType-Rシリーズは、プロエンジニアだけでなく一般のミュージシャンにも扱い易いように、サウンドのマナーを徹底的にチューニング。従来モデルの美点であるミドルレンジの濃密感はそのままに、全帯域のスピード調整や位相感などを磨き上げ、音質の扱いやすさをランクアップ致しました。

以上のようにNUDE CABLEが10年という時間で得た経験を基に、チューニングの熟成を突き詰めた「7182 Type-R」は、輪郭の滲まない濃密なサウンドで、音に携わる多くの方々をアシスト致します。

 

導体抵抗 2.64Ω/100m という、驚異的な低インピーダンスがもたらす圧倒的な解像度、情報量、レスポンス。

 


現場を熟知したプロエンジニア達の声を元に、弊社も開発に参加した、TATSUTA-TACHII TPS 7182 を線材として使用。
圧倒的な情報量とナチュラルなクリーンサウンドをご提供します。

 

手間を惜しまぬ加工プロセスが伝送ロスを減少


ジャック内の全ての接点接合部を手作業で研磨してから組み立てております。




ハンダ使用量の誤差による音質変化を避けるため、予め約0.03グラムに切りそろえてから接合しております。


低音域を中心とした抜群の位相感の鍵を握るNUDE CABLEのオリジナル技術「スタビライザー」を「Type-R」にも採用。
それぞれのモデルや長さに合わせて、位置や量を細かく設定しております。